ラクトフェリンと乳酸菌の違い

GW192
乳酸菌とラクトフェリンはよく一緒にされがちですが、実は全く違うものです。 前者が、善玉菌と呼ばれる細菌であるのに対し、後者は、健康な毎日を送るために欠かすことのできないタンパク質なのです。 人間を含む多くのほ乳動物の乳に含まれている成分です。

ビフィズス菌とラクトフェリンの違い

ビフィズス菌は赤ちゃんが生まれてすぐの母親の母乳に、特に多く含まれており、赤ちゃんが健康的に育つのにかかせないものとなっています。
ラクトフェリンは乳だけではなく、外に分泌される液や、粘膜液にも含まれてます。また、鉄分と結合して、貧血症状を改善します。内臓脂肪の減少、がんの予防、骨粗しょう症の予防、免疫力を高めるのに大きな効果を現します。特に、ダイエットにおいて注目されている成分で、2ヶ月に渡る実験の結果、最大40パーセントもの体脂肪の減少が報告されています。

ビフィズス菌とラクトフェリンの摂取方法

乳酸菌がヨーグルト、味噌、ぬか漬け、キムチなどに多く含まれているのに対し、ラクトフェリンは、母乳、チーズ、ヨーグルト、脱脂粉乳、牛乳など、乳製品にしか含まれていないのが特徴です。
これを摂取するためには乳製品を取ることが必須となります。しかし、乳製品を取りすぎると、体によくありません。
乳酸菌とラクトフェリンを一緒にとれる食材はヨーグルトですが、サプリメントも効果的です。
ラクトフェリンは就寝前に摂取するのが良いと言われていますので、サプリメントでの摂取に向いていると言えるでしょう。

乳酸菌とラクトフェリンを合わせて毎日摂取することで、乳酸菌だけでは得られない効果を得ることができます。

総合満足度で比較

一覧で比較

質と量で総合一番人気の乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌


(口コミのレビュー数20件)

特別価格3,240円
キャンペーン30日安心返金保障

乳酸菌とラクトフェリンのコラボ

ラクトフェリン


(口コミのレビュー数16件)

特別価格5,980円
キャンペーンお試しあり

9種類の乳酸菌配合

乳酸菌革命


(口コミのレビュー数18件)

特別価格2,660円
キャンペーン送料無料