乳酸菌とビフィズス菌の違い

ヨーグルト
私達がほとんど毎日食べたり飲んだりするヨーグルトやヤクルトに、必ず入っているのが乳酸菌とビフィズス菌。
似ているようで、実は性質上様々な違いがあるのです。 違いを知って、よりよい乳酸菌生活を行いましょう!

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、私たちの体の中に生息している、乳酸を発するすべての細菌を指します。
これには多くの種類があります。例えば、「明治ブルガリアヨーグルト」などで有名なブルガリア菌やそのブルガリア菌が効果的に働くために必要なサーモフィルス菌などが代表的なものです。主に、小腸で働きます。

ビフィズス菌とは?

一方、ビフィズス菌は、ブルガリア菌やサーモフィルス菌などと同じの仲間なのですが、性質が違うため多くの学者たちは、別の扱いをしています。
ビフィズス菌は乳酸菌と比べて量が非常に多く、少なくとも1兆、多くても10兆が、大腸の中で生息しています。
乳酸菌はそ10000分の1しか生息していません。また、乳酸菌が乳酸のみを生成するのと比べて、ビフィズス菌は酢酸も生成することができます。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌は、腸の運動を活発にします。また、腸の中にある悪玉菌によって生成される毒素を減らす働きをします。そのことによって、腸をいつも健康な状態に保つことができるのです。さらに、がんの予防にも効果的であると言われています。
ビフィズス菌も同じような働きをしますが、ビフィズス菌が生成する酢酸の働きの中で、一番大きいものは「殺菌力がある」ということです。
食中毒などで死に至る危険性のある0-157なども殺菌する力があります。
肉食などの食生活が乱れている方は、乳酸菌を豊富にとる事が、腸内環境をよりよくしやすいかもしれませんね。
腸が弱っているかたはビフィズス菌を摂取することで腸内の力を高めてくれるかもしれないです。

総合満足度で比較

一覧で比較

質と量で総合一番人気の乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌


(口コミのレビュー数20件)

特別価格3,240円
キャンペーン30日安心返金保障

乳酸菌とラクトフェリンのコラボ

ラクトフェリン


(口コミのレビュー数16件)

特別価格5,980円
キャンペーンお試しあり

9種類の乳酸菌配合

乳酸菌革命


(口コミのレビュー数18件)

特別価格2,660円
キャンペーン送料無料