悪玉菌が及ぼす影響

悪玉菌とは人体に悪影響を与える腸内細菌をいいます。
悪玉菌も数種類がありますが、その中でも主な菌はウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌などタンパク質などを腐敗させる細菌です。
動物性のタンパク質が大好物であり、過剰摂取をおこなうと悪玉菌が増加します。

悪玉菌の影響

1、腸内にあるタンパク質を腐敗させ、アンモニアや硫化水素といった体に悪い有害物質を作り出します。
2、便秘や下痢、肌荒れなどが引き起こされる。
3、腸内環境を悪化させ、生活習慣病などの原因になります。
4、年齢を重ねる事で悪玉菌優勢になり、体の老化を推進します。

悪玉菌はアンモニアを作り出すため、体臭やトイレ臭が臭くなったら、悪玉菌が優勢なのかもしれません。

大腸菌

食中毒などでも注目を集める細菌です。基本的に腸内細菌は酸素がある空気中では生きる事ができないのですが、この大腸菌は空気中でもいきられるため、簡単に繁殖して悪影響を起こしてしまいます。
有名な菌にO-157などがあります。

ウェルシュ菌(クロストリジウム)

肉食動物の体内に多くすむ細菌で、腸内環境が乱れると、タンパク質を腐敗させアンモニアや硫化水素といった有害物質を作り出します。
おならやうんちが臭いときは、このウェルシュ菌の影響が強いです。

ぶどう球菌

アトピーなどで有名な黄色ブドウ球菌などのぶどうの房のような形をした球菌です。
食中毒などになりやすい球菌です。

総合満足度で比較

一覧で比較

質と量で総合一番人気の乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌


(口コミのレビュー数20件)

特別価格3,240円
キャンペーン30日安心返金保障

乳酸菌とラクトフェリンのコラボ

ラクトフェリン


(口コミのレビュー数16件)

特別価格5,980円
キャンペーンお試しあり

9種類の乳酸菌配合

乳酸菌革命


(口コミのレビュー数18件)

特別価格2,660円
キャンペーン送料無料