花粉症の改善方法

相談

日本では、約25%の人がかかっていると言われている花粉症。
花粉症は、スギやヒノキ、ブタ草のような植物の花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎です。
このアレルギーの原因となる植物は約60種類あると言われていますが、いずれもIgE抗体という物質の過剰反応で起こります。
症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙、異物感など、人によってさまざまなものがあります。

つまり、原因となる花粉の種類も症状もばらばらなので、効果が確実な治療法や改善法がないというのが実情です。

乳酸菌が免疫力のバランスをとります。

しかし、あらゆる研究が進む中で、今花粉症に効果があると言われているのが乳酸菌です。
もともと、アレルギー症状を緩和する効果があるとされていた乳酸菌。これが、花粉症に対しても効果があると話題になっています。
乳酸菌には、免疫機能を回復させたり、IgE抗体が作り出されるのを抑制するという効果があります。
こういった効果が、花粉症の改善や症状緩和に繋がるのですね。

どれぐらい乳酸菌をとったほうがいいの?

では、どのぐらいの量を摂れば効果を得ることが出来るのでしょうか。
例えばヨーグルトで言うと、1日に300gが摂取量の目安となっています。
300gというと結構な量ですし、フルーツや甘味を加えるとカロリーも高くなります。
乳酸菌は毎日摂取しないと腸に定着しないのですが、これだけの量を毎日欠かさず摂取するのはやはり大変です。
ですから、乳酸菌で花粉症の改善を目指すのであれば、サプリメントやドリンクで摂取するのがオススメです。

総合満足度で比較

一覧で比較

質と量で総合一番人気の乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌


(口コミのレビュー数20件)

特別価格3,240円
キャンペーン30日安心返金保障

乳酸菌とラクトフェリンのコラボ

ラクトフェリン


(口コミのレビュー数16件)

特別価格5,980円
キャンペーンお試しあり

9種類の乳酸菌配合

乳酸菌革命


(口コミのレビュー数18件)

特別価格2,660円
キャンペーン送料無料